オナニー

【遅漏必見!】風俗を利用がやめられなくなる5つの楽しみ方を紹介

初対面の女性といきなりエッチなことを始められる風俗。その独特なサービスにハマってしまう方も多いです。

風俗の利用シーンとしては、もちろんムラムラした時に利用することがほとんどですが、「友達・先輩と居酒屋で呑み終わった後にノリで行く」ということが多いですよね。

ですが、中には「風俗・デリヘルで絶頂(イった)したことがない」「遅漏でおまんこに挿入しないとイケない」という方もおられるはずです。

そうです、この記事の筆者は購入デリヘルから激安デリヘルまで色々いきましたが、どれだけテクニックのある嬢に当たってもイクことができないのです。

なので、「よっしゃ、みんなで風俗かデリヘルかメンズエステいこや!」となっても、「どうせ俺気持ちよくなれへんし・・・」と乗り気ではなかったんです。

が、それでもいくつか楽しみ方を見つけましたので、今回は「遅漏でも風俗を楽しむ方法」を紹介します。

遅漏でも風俗を楽しめて気持ちよく射精できる5つの方法

早速、遅漏でも風俗を楽しめて気持ちよく射精できる5つの方法を紹介します。

気になるところからチェックしてみてください。

  • 新たな性感帯を開発してもらう
  • なるべくロングコースを選ぶ
  • 先に遅漏であることを伝えておくと激しめのプレイが期待できる
  • テクニックの引き出しが多いベテラン嬢を選ぶ
  • 射精しないともったいない!と思わない

目的はやはり「気持ちよく射精すること」。

かくゆう私はおまんこに挿入しないと射精できないほどの遅漏なのですが、そう簡単に挿入できるわけではありませんよね。

遅漏でも風俗の利用で何としても楽しもうと考えた結果、5つの楽しみ方、気持ちよく射精できる方法を見つけました。

これから紹介する5つの「遅漏でも風俗を利用して楽しむ方法」は筆者が実際体験したことや風俗嬢へのアンケートを元にまとめておりますので、必ず参考になるはずです。

新たな性感帯を開発してもらう

高額な性サービスを受けても射精できない人は、「乳首をいじめてもらう」「耳を舐めてもらう」「前立腺を刺激してもらう」など、新たに性感帯を開発してもらうのがおすすめです。

以前友達が「メンエスに行きたい!」ということで連れて行かれた際、筆者は遅漏中の遅漏なのでいけなかったんですが、「遅漏なんです」というと、「新しい性感帯見つけてみる?」と提案してくれました。

そこで、「乳首とかは舐められたことがない」というと、乳首を重点的に舐めてくれて、今では必ず乳首をいじめてもらうほど、性感帯と呼べるレベルになりました。

その嬢曰く、乳首が気持ちよくなれば上も下も気持ちよくなるとのこと。射精できないにしても、新たな性感帯を発掘してもらうのは結構おすすめです。

なるべくロングコースを選ぶ

遅漏ならなるべくロングコースを選びましょう。風俗・デリヘル・メンズエステ全てに言えることですが、遅漏にベストなコースは100分以上のコースです。

風俗・デリヘルは入室後にシャワーを浴びる時点で性サービスをしてくれるので、100分コースさえ選んでおけばほとんどの確率で射精できるはずです。

メンズエステは最初の30分〜40分はただのマッサージが続くので、長ければ長いほど性サービスを受けられます。ちなみに僕は100分でも射精できなかったので120分以上のコースを選んでます。w

メンズエステは風俗やデリヘルと違って「どこまでエッチなことをしてくれるのか」がわからないところがおもしろいんですよね。

だから長時間コースで会話を楽しみながら「服脱いでよ」とか「フェラしてよ」とか、色々お願いしてみて、反応を見るのも楽しいですよ。

先に遅漏であることを伝えておくと激しめのプレイが期待できる

先に遅漏であることを伝えておくと「激しめのプレイ」だけでなく、オプションにはないエッチなことをしてくれる可能性があります。

筆者の実体験からいうと、メンズエステで「オプションで手コキします」と言われたので「オプション料金払うから絶対に射精させて」と言ったところ生フェラしてもらえました。w

さすがに生フェラは気持ち良すぎたので、遅漏の僕でも射精できました(最高)。

「絶対に射精させて。遅漏だから射精しにくい」と伝えると過度なサービスをしてくれる可能性があるので超おすすめです。てか絶対に言った方がいいです。

テクニックの引き出しが多いベテラン嬢を選ぶ

遅漏は「スタイルよくて美人がいい!」なんて要望はだめ。絶対にテクニックの引き出しが多いベテラン嬢を選ぶべきです。

どれだけ可愛くてもテクニックが微妙だと「早漏君」しか楽しめません。遅漏は顔やスタイルよりテクニック!

「スタイル良くてテクニックがいい子!」とかいうと基本的に失敗はしないのでおすすめです。テクニック重視で超気持ちいい性サービスを受けましょうね。

射精しないともったいない!と思わない

「射精しないともったいない!」なんて考えると精神的負担がかかっていけなくなります。

筆者は「15000円払ってるし絶対射精しなきゃ!」という気持ちで向き合ってましたが、どれだけテクニックのある嬢に責められても射精することはありませんでした。

抜けるようになったのは「ふれあいだけ楽しもう」と思ったこと。なんなら「エッチなことしてもらえるだけでラッキー」的な気持ちで向き合ったら射精できました。w

遅漏の人って過度なオナニーのせいでもありますが、精神的な面も影響するみたいです。

それを風俗嬢に伝えると「エッチなことはするけど、無理に射精しようと思わないで楽しもう!」と言われ、その結果射精できました。

やっぱりその道のプロですから、どうやれば相手が興奮するか、楽しめるかを熟知しているので、全て任せるのもありです。

いい子を見つけてリピートする、それが風俗・デリヘル・メンエスの楽しみ方です。

遅漏の男性客の利用に対して風俗嬢が考えていること

遅漏の男性客の利用に対して風俗嬢は以下の通り。

  • なんとしても気持ち良くさせてあげたい
  • はやく射精してほしい
  • 射精させられなかったら申し訳ないと感じている

遅漏の筆者だからこそ「友達に風俗・デリヘル・メンエスに誘われるけど射精できないからお金が無駄になってしまう」という気持ちはよーくわかります。

そんな筆者は射精のできない性サービスに20万円以上払っていますから、射精できずに気まずい雰囲気も何度も体験してきてるんです。

僕は「せっかくやってもらったのに(射精できずに)ごめんね」と言います。

その時に言われるのは「こっちこそごめんね」「こうすると射精できるかも」「時間ギリギリまでエッチなことするね」と声をかけてくれます。

遅漏なので気に入った子を何度もリピートしたこともあり、ご飯やカラオケ、ゲームをする仲になった風俗嬢に聞いてみるとやはり「なんとしても射精させてあげたい」と考えているみたいです。

お金が発生している以上、風俗嬢も本気です。ですから「あーあ、金の無駄だった」など不機嫌な態度はしないでおきましょう。

「〇〇ちゃんと遊びたいから来たよ」とリピートすれば過度なサービス(アナル挿入や本番)をしてくれるかもしれませんよ!

本気で遅漏を治したい人が実践すべき3つのトレーニング

ここからは、本気で遅漏を治したい人が実践すべき以下の3つのトレーニングを紹介します。

  • トレーニングオナホールを使う
  • オナ禁をする
  • 風俗になれる(精神的にいけていない可能性がある)

「遅漏でも風俗を利用して気持ちよくなりたい!」「友達に誘われることが多く、行く機会が多いが射精できずにお金をドブに捨てている気分になる」という方は遅漏を治すことが先決です。

これから紹介する遅漏改善方法は筆者が実際に体験してみて、効果のあったものを厳選しています。これをやって完全に治ったとは言えませんが、風俗・デリヘル・メンエスで射精できるようになったので、やってみる価値はありです。

トレーニングオナホールを使う

遅漏でも風俗を利用して楽しむためには、低刺激でも射精できるようトレーニングオナホールを利用する方法があります。

トレーニングオナホールとは、刺激の少ないオナホールでわかりやすく説明すると、締まりがなく、ゆるゆるなオナホールです。

手コキだと強く握ればもちろん気持ちよくなれますが、トレーニングオナホールでは強く握っても締まりはさほど変わらず、筒にちんぽを出し入れしているだけの感覚になります。

もちろん、綿密に作られたオナホールになるため、気持ち良さは十分に感じられます。ただし、ちんぽを強く握る強グリップオナニーや足をピンと伸ばして張りを作ることで感度が増す足ピンオナニーをしている方にとっては射精しにくくはなるでしょう。

それが遅漏改善になるので、遅漏でも風俗を利用して楽しみたい方はやってみてください。

超絶遅漏の僕が使っていたトレーニングオナホールは以下で紹介しておきますので口コミやレビューを確認してみてください。

トレーニングオナホール一覧:Amazon

だれにもバレずにオナホールを買いたいならこちら!NLS(アダルトグッズ専門サイト)

オナ禁をする

一番効果のある方法は適度にオナニーを禁止することです。

遅漏は「過度なオナニー」が原因であることがほとんどです。毎日1〜3回オナニーをする方も多いでしょう。(筆者は極度のオナニー好きで、1日平均2回はします)

回数が多いとそれだけちんぽに強い刺激を与え続けることになるため、気持ち良さになれてしまうんですね。美味しいお肉でも毎日食べていたら飽きるのと一緒で、ちんぽも手コキになれてしまい、快楽の極みを求めてしまうんですね。

ですが、どんな遅漏でも1週間もオナニーを禁止すれば感度は増し、低刺激でも射精できるようになります。

人間の三代欲求である性欲を完全に規制することは難しいため、「友達と呑みに行く予定がある」「出張で県外に行く」など予定がある場合は、それに合わせてオナ禁するのがおすすめです。

筆者がどうしてもオナニーがしたくなった時の「我慢の対処法」は以下になります。

  • 1おナニーにつき1000円貯金
  • グロめのドラマ・映画・ショート動画をみる
  • 自分の性癖ではない動画をみる
  • 環境を変える(祖父母の家で止まったり、友達の家に3日ほど止めてもらう)

特に自分のちんぽが萎えてしまいようなグロめの動画、スカトロ系(筆者は苦手です)をみるといいですよ。

【VR】衝撃VR!ミクちゃんの迫りくるうんこ

あかねさんのうんこ撮っちゃった

この辺とかガチ萎えするんでおすすめですw

風俗になれる(精神的にいけていない可能性がある)

風俗に慣れておらず、「精神的にいけてない」可能性もあります。

筆者もそうですが、「初対面の女の子にお金を払ってエッチなことをする」というのがどうも慣れず、緊張して射精できないことがありました。

ですが、20万円ほど風俗につぎ込んだところで「女の子はお金をもらったから抜いてくれているだけ、払った分は楽しんだ方がいい」という気持ちを持ち出してから遅漏でも風俗を利用して楽しめました。

初めの方はどれだけ射精しようと思っても、基本は射精できないことが多いです。初めて風俗に行った自分に言いたい「どうせ射精できないんだから会話や触れ合いを楽しめよ!」と。

風俗に通うことで女の子と話をしたり、エッチな交渉をするのが得意になり、居酒屋やクラブでナンパできるようになりましたし、素人の女の子とワンナイトできるようにもなりました。

「20万円も無駄だった」と考えていましたが、素人の女の子を口説き落とすという能力が手に入ったと思えば安いものですね。

  • 女性に慣れる
  • モテ力がつく

遅漏でも風俗を利用した甲斐がありました。風俗は本当にいいサービスですね。

まとめ

この記事では、遅漏でも風俗を利用して楽しむ方法を解説しました。

遅漏が風俗を利用することの楽しみ方は射精だけではありません。

おっぱいを触る、乳首を舐める、生フェラをしてもらう、などなど極上のサービスを受けられるので、純粋に楽しむというのも一つです。

この記事では、遅漏でも風俗を利用して楽しむ方法を5つ紹介しました。

  • 新たな性感帯を開発してもらう
  • なるべくロングコースを選ぶ
  • 先に遅漏であることを伝えておくと激しめのプレイが期待できる
  • テクニックの引き出しが多いベテラン嬢を選ぶ
  • 射精しないともったいない!と思わない

遅漏でも風俗を利用して射精までしたいなら以下の遅漏改善プログラムを実施しましょう。

  • トレーニングオナホールを使う
  • オナ禁をする
  • 風俗になれる(精神的にいけていない可能性がある)